ビットコインの仕組み

menu
HOME » ビットコインのいろは » ビットコインの仕組み

ビットコインの仕組み

ビットコインは連日連夜ニュースなどで取り上げられているので、名前はご存知のはずです。
しかし具体的な仕組みについては、よく知らないという方も多いと思います。
でもビットコインを手にするのならば、仕組みについて理解しなければいけません。
そこでビットコインの仕組みについて、取り上げます。

現実世界にある通貨は、国や政府が発行しています。
例えば円であれば、日本の国が発行している通貨です。
円に関しては、全て日本国が全責任を負い管理することになります。
でもビットコインは、発行している国や政府がありません。
仮想空間で取り扱われている通貨で、単位は「BTC」と表示します。
でも誰かが管理をしなければ、ビットコインは大変なことになります。
そこで登場するのが、P2Pネットワークです。

P2Pネットワークは、「Peer to Peer」の略です。
端末同士がつながっており、情報を交換する通信方式の一種です。
世界中には、インターネットでつながっているコンピューターが沢山あります。
簡単に言えばこれらのコンピューターをつなげて、情報のやりとりをするのがP2Pです。
P2Pでつながると、世界の何処かでコンピューターが動作していることになるので、システムが止まることはありません。
また情報漏えいやデーター改ざんの被害も、防ぐことができます。
データーは世界中にちらばっているので、超高性能スーパーコンピューターでもハッキングは実質不可能です。

ではビットコインは、どのような形で取引されるのでしょうか。
ビットコインという硬貨や、紙幣はこの世にはありません。
ビットコインはあくまでも、仮想の通貨です。
つまりビットコインを取引するということは、データーを書き換えるということになります。

しかしデーターの書き換えでビットコインのやりとりをするとなると、心配されるのが偽造です。
そこで登場するのが、秘密の鍵です。
ビットコインを相手に送るには、秘密の鍵が必要です。
秘密の鍵を使い公開鍵を作成し、公開鍵からビットコインアドレスを作成します。
ビットコインアドレスとは、入金口座のようなものです。

秘密の鍵がなければ、ビットコインの取引は不可能です。
また第三者の秘密の鍵を手に入れると、その人になりすましてビットコインの取引ができるようになります。
つまりビットコインの取引には、秘密の鍵が重要なアイテムとなります。
万が一なくしてしまうことがあれば、取り返しのつかないことになるので要注意です。